東方美人茶

東方美人茶

東方美人または東方美人茶(とうほうびじんちゃ、トンファンメイレンチャ)は、台湾烏龍茶で生産される青茶の一種で、比較的発酵度が高い。

このため紅茶に近い味わいを持つ。

他にも白毫烏龍茶、香檳烏龍茶、五色茶、椪風茶、膨風茶など多くの別名があり、現在一部の名は違う茶を指すこともある。

19世紀中の台湾・新竹で、ウンカの被害(もともとウンカ=チャノミドリヒメヨコバイは害虫である)により商品として使い物にならなかった茶葉を用い製茶したところ、蜜のように甘くかぐわしい香りと味で評判になった。

当時製法を信じてもらえず、膨風茶(台湾語のほらふき)と呼ばれたのが始まりであると言う逸話もある。

しばらくしてヨーロッパに輸出されたが、実際に人気が出始めるのは19世紀末から20世紀に入ってからで、英国で名付けられた「オリエンタル=ビューティ(Oriental beauty)」(現在、ビクトリア女王が名付けたという説が巷に広がっているが、年代的におかしい)の訳語として、東洋では響きの美しい「東方美人」が定着した。清代・日本統治時代の頃から台湾の重要な輸出産品であったが、近年では台湾国内でも消費量が増えている。(生産量は増えていない)

東方美人は、五色茶の名前が示すとおり褐色・白・紅・黄・緑と色彩豊かな茶葉が最高とされる。これはウンカの内分泌物質により茶の二次代謝機能がおこり香気成分が発生する。

茶葉が萎黄し新芽の成長停止と、その後の発酵(葉中の自己酸化)の程度が織り成す高い技術によるものである。

なお6月二十四節気節の芒種頃にウンカが被害した茶葉を使用するのが最も良質の東方美人になるため農薬などは使えず、またウンカの発生も外部要因(天気、湿度、風量)に大きく左右される為、製茶技術と同様栽培も非常に困難とされる。

日本の茶畑の雰囲気とは違い雑草が生えている状態が多い。

なお東方美人と同様にウンカの害を逆用して生まれた茶葉には紅茶として飲まれるダージリン・ティーもある。

凍頂烏龍茶

凍頂烏龍茶

凍頂烏龍茶(とうちょううーろんちゃ)は、台湾で製造される台湾茶で、青茶・烏龍茶の一種。

もともと台湾・南投県鹿谷郷東部の山腹で栽培される烏龍茶の名称。

現在では台湾の広範囲において栽培されており、台湾を代表する烏龍茶として認知されている。

味は緑茶に近いが、殺青(茶葉の加熱処理)の方法が日本茶とは異なるため、独特の爽やかな香りがする。

もともと19世紀中葉に林鳳池という挙人(科挙地方試験合格者)が大陸から伝えられた茶の苗を持ちこみ、台湾の凍頂山で栽培したことがはじまりとされるが、台湾を代表するお茶として認知されるようになったのは、1970年代に経済開放政策が推進されたとき、凍頂山一帯が輸出茶の開発・栽培モデル地区として選ばれ、官民一体となって凍頂烏龍茶のブランド化が進められたことからはじまる。

80年代に入り、製茶技術の改良により品質の向上が進んだことや、着香料を加えずにバニラの香りがする金萓種や青みのある香りの四季春種、翠玉種などの品種が開発されたことなど、凍頂烏龍茶のブランド化は着実に成功し、台湾のみならず日本においても支持されるに至っている。

武夷岩茶

武夷岩茶(ぶいがんちゃ)は、中国福建省北部の武夷山市で生産される青茶(烏龍茶)の1種。

茶樹が山肌の岩に生育しているためにこの名がある。

青茶の中でも最も貴重な物の1つで、香木にも似た独特な芳香に富み、渋みだけでなく甘みさえ感じる物が多い。

また、その香りや味わいが、数煎目まで持続するといわれる。

武夷岩茶の中には、自生している茶の樹及びその接木から作られる「大紅袍」などの著名な高級品もある。

このため、一時は、隣接する江西省などを含め、産地にかかわらず武夷岩茶の名を使う例もみられたが、生産者および消費者の保護の観点から、2002年4月10日、中国国家品質監督検験検疫総局は『原産地地域産品保護規定』に基づいて、「原産地域産品専用マーク」を使用することを許可した。

これによって、「武夷岩茶」と表示できるのは、武夷山市内にある100余りの認可企業によって生産され、かつ、名岩区または丹岩区の原料を使用し、武夷岩茶としての特質、国家規格に合致しているものに限られている。

また、2006年12月1日には、武夷岩茶の国家規格が改正され、原料の地区分け、茶の樹の品種分類、大紅袍の等級区分などを細かく改め、残留農薬や異物の許容量を、従来よりも厳しくした。

武夷岩茶

▲Page Top

無料 サーバー